退職後の転職活動のリスク

退職後の転職活動のリスク

働きながらの転職活動・退職後の転職活動の実態

知恵袋

インターネット掲示板のYahoo!知恵袋から、働きながらの転職活動と辞めてからの転職活動について生の声を集めてみました。

転職活動の開始時期には様々な意見があるようですが、実際転職活動を行っている人、行った人達の意見はどうなのでしょうか。

 

Q.皆さんは転職する際、働いている会社を辞めてから次の仕事を探しましたか?

A.友人にも転職を経験した人は多くいます。

全て以前より良い給料で以前よりやりたかった仕事についています。しかし、それは職を持った状態で余裕を持っていたから出来たことと考えています。

Q.転職活動は会社を辞めてからするのが一般的ですか?会社に転職活動中だと伝えて時間を作ったりしてるんですか?

A.元採用担当です。転職では、

・在職中活動
・会社には言わない

をオススメします。

Q.転職活動中の無職って気が滅入りますよね…

A.転職活動中の無職って気が滅入るのは確かですね。

条件を少し落として考えられませんか。給料が安いとか休みが少し少ないという事です。もしそのようなことでも仕事が見つかったほうが良いのでないでしょうか。

Q.今の仕事を続けたまま転職活動は可能でしょうか?

A.今の仕事を辞めてからでも、続けながらでも活動は可能です。

とりあえずは、仕事を続けながら求人を探してみてはいかがでしょう?時間が取れなくて活動が難しいようでしたら、金銭的な問題をよく考えた上で仕事を辞めることも視野に入れてみてください。

Q.よい転職活動方法がありましたらお教えください

A.人材紹介会社に登録してみるのはどうですか?

私も転職活動中なのですが、人材紹介会社経由の応募が一番進んでいます。自分の履歴書、職務経歴はもちろんですが、希望する職種や業種、将来こうなりたいという転職後のイメージまで人に話すことで、本当の自分が見えてくることもあると思います。

1社ではなく複数登録してみて話してみて、相性の合う担当者の方との方が活動がスムーズに行くと思います。

管理人の実体験から考える、転職活動開始の適切な時期

実は当サイトの管理人も2回の転職を経験しています。1回目は辞めてから、2回目は働きながら次の仕事を探しました。

実体験から言っても、とりあえず在職中に転職活動を開始して、ある程度転職活動の要領を得た方がいいと思います。

在職中は転職活動に割ける時間がないと考えている方もいるかもしれませんが、夕方や土日に面接してくれる会社が大半ですし、エージェントやスカウトなどの転職サービスを使えば少しの時間で転職活動できます。

転職活動を始めてみて、それから会社を辞める必要があるのか判断すればいいことです。

時間的な制約を感じるのはむしろ会社を辞めてからです。失業給付にも期限がありますし、何よりブランク期間が長引くと印象もよくありません。はっきり言って焦ります。

焦ってくると、やりたい仕事よりも仕事に就くこと自体が優先されてしまって本当に入りたい会社じゃなくても内定が欲しくなります。そうなると本末転倒です。

辞めてしまったら、後戻りはできません。

 

転職活動

掲示板でも書かれている方がいましたが、やはりおすすめなのは人材紹介会社(=転職エージェント)の活用です。転職エージェントは完全無料なので、はっきり言って使わない手はありません。

転職エージェントの活用・・・「完全無料」

圧倒的に効率よく転職活動を進められる

転職エージェントに希望の条件を伝えておけば、転職エージェントがあなたの変わりに条件に合った求人を見つけてきて紹介してくれます。

求人への応募や面接の日程調整などもエージェントが代行してくれますし、給料面の交渉など切り出しにくい話題でもエージェントが間に入ってくれるので好都合です。

非公開求人を紹介してもらえる

非公開求人

転職サイトで公開している情報は求人全体の1~2割程度でしかなく、残りの8~9割が非公開求人です。

極秘プロジェクトのメンバー、応募が殺到するような人気企業、急募求人などは効率的にピッタリの人材を採用するために転職エージェントだけに求人の依頼を出していることが多々あります。

代表的な転職エージェント・・・「完全無料」

2013年6月時点の非公開求人の件数が多い順に並べています。

リクルートエージェント[公式HP]

リクルートエージェント

リクルートエージェントはリクルートが運営する日本で最も名の通った転職エージェントです。リクルートは日本で始めて本格的な転職サービスを始めた企業で、現在でも転職業界では大きな存在感を持っています。

非公開求人の数も業界トップクラスです。あらゆる職種の求人が登録されていますが、ハイキャリア、グローバル人材の転職支援には特に力を入れていますので英語が得意、世界で仕事がしたいという希望がある方にもオススメです。

非公開求人数 公開求人数 対応地域 拠点数 取扱職種
約70,000件 約8,800件 全国 22 オールジャンル

DODA[公式HP]

DODA

こちらも転職サービスの業界では大手のインテリジェンスが運営する転職サイト兼転職エージェントです。転職エージェントと求人情報サイトが合体した作りになっていて、そろぞれ別に登録するのが面倒と感じる方にとっては使いやすい形かもしれません。

求人数も多く、ジャンルも幅広いので複数のエージェントに登録して会社、担当(キャリアアドバイザー)を比べながら自分に合った会社を探すという場合も登録必須だと思います。

非公開求人数 公開求人数 対応地域 拠点数 取扱職種
約42,000件 約10,000件 全国 10 オールジャンル

typeの人材紹介[公式HP]

type

「typeの人材紹介」で転職した人の71%が年収アップに成功しているという優良エージェントです。凄さの秘訣は関東地方に特化した運営で、他のエージェントと比べて関東を拠点とする企業に深く浸透しているイメージがあります。地方の方はある意味で残念ですね。

IT・エンジニア関連の求人にも力を入れています。非公開求人数だけ比べれば上位のサイトよりやや少ないですが、関東に特化している事を考えれば十分な数の非公開求人を抱えています。「typeの人材紹介」独占の案件もあります。

非公開求人数 公開求人数 対応地域 拠点数 取扱職種
約23,000件 約200件 東京圏 1 オールジャンル

パソナキャリア[公式HP]

パソナキャリア

パソナキャリアを経由して転職した人の67%が年収アップを実現している優良エージェントです。

転職エージェントには登録基準があり、場合によっては登録を断られる事もあるのですがパソナキャリアの場合は他と比べて門出が広いようです。

面談からの紹介の他に、登録だけで求人の紹介を受けれる「スカウト」に似た登録形態もあるので、あなたに合った使い勝手ができます。

非公開求人数 公開求人数 対応地域 拠点数 取扱職種
約16,600件 約2100件 全国 非公開 オールジャンル

タグ

このページの先頭へ