簿記3級

事務職系の採用では実務経験か簿記の資格を取得していることが採用条件になっていることが多々あります。正社員として勤めたいなら簿記2級以上、パートタイマーや派遣社員としてなら3級以上が一般的に求められます。

簿記3級について

簿記とは会社の経営状況を記録する「帳簿」をつける技能や方法のことをいいます。簡単に言えば会社版の家計簿のつけ方を学ぶことになります。

事務職系の仕事に就きたいのであれば、経理の基礎知識を証明するために簿記3級の資格が有効的です。

簿記資格に受験制限はなく、100点満点中の70点以上を取れば合格となります。合格点が決まっているので合格率は試験の度に大きく変わるのですが、平均して40%程度といわれています。

試験は年に3回あるので、いつでもはじめられる便利のいい資格として非常に人気があります。

通信講座で学ぶ


通学できる教室を探す

資格公式サイト

商工会議所の検定試験

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年9月23日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:人気資格

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ