就職に有利な資格の難易度

■就職に有利な資格の難易度について■

ある程度、取得しようとする資格を定めたのであれば、次はその難易度も知っておく必要があります。

国家資格なら民間のもと差が出ますし、合格難易度が高いものは掛かる費用も高額なものが多いです。
あまりにも実力と、かけ離れたものを選択すると、たとえ就職に有利な資格だとしても時間と労力が
多大なものとなり、負担になってくるからです。下手すれば、途中で投げ出してしまう可能性も、
無きにしも非ずです。

そう言った視点からもよく見極め、自分の実力に沿うもので、尚且つ就職にも有利な資格取得を
目指しましょう。

■求人情報やハローワークなどで人気の資格の難易度■
求人情報や、ハローワークなどで就職に有利な資格の人気度が分かります。
具体的には下記のような資格が人気で、就職に有利な資格と言えるでしょう。

*日商簿記→実際に私も持っておりますが、3級程度なら少し学習すれば容易に取得できると思います。
しかし、事務や経理の現場では3級程度の所持者はたくさんいるので、肩を並べるのであれば、
2級以上が望ましいと言えます。

*宅建建物取引主任者→通称「宅建」は、建設物や土地を売買するに当たって契約する際に、
重要事項等を説明したり確認すると言った役割の担当資格(国家資格)です。不動産関連、建設関連、金融関連への
就職に有利な資格と言えます。年間20万人もの受験人数の需要があり、人気の資格です。
しかし、例えば100人の受講者が居たとしても16人程度しか合格しないと言う難しさです。
難易度は上位に入るでしょう。

*TOEIC→就職に有利な資格の一つとして根強い人気があり、また採用する側の企業もTOEICの
評価点を基準に選考採用する所も多いです。その証拠によく求人欄では「TOEIC○○○点以上」
等と言った記され方を多く見掛けます。加えて英検も持っていれば最強のコンビとして、
就職に有利な資格だと言えるでしょう。

■就職に有利で役立つ人気資格とは■
*it資格
*it国家資格
*簿記
*宅建

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ