就職に有利な資格の選び方

■就職に有利な資格の選び方とは?■

求人広告などを見て、よく目に付くものが実際に就職に有利な資格だと言う事は、目でみてわかると思います。

ではその選択後の進め方に、どんな方法があるのかと言うと、次の様な選び方があります。

例えば事務系で見た時、求人の欄を見るとこうなってたりします。
*一般事務経験のある方
*経理事務経験のある方
*簡単なPCスキルのある方

 

一般事務を例に取って進めます。
まず、どんな仕事内容なのかを把握する。具体的に言うと、一般事務の仕事はとても幅広く、
帳簿や伝票整理と言ったパソコンの基本操作にプラスして、電話応対や来客へのお茶だしや接客、
社員のスケジュール管理と言ったようにある程度は、会社の庶務的な事までも網羅している場合等もあります。

 

それでは、そこにはどんな就職に有利な資格が存在するのか見ていくと…

 

*文章処理が出来るように「Word」の資格を選ぶ。

*表計算などが出来るように「Excel」の資格を選ぶ。

 

しかし上記二つは基本的なものなので、ライバルは既に取得している場合が多いです。
ではいったいその先を見越してライバルに差をつけ、より就職に有利な資格を選ぶとするならば、
更にPCスキルの細分化した資格があると役立つと思います。

 

■より就職に有利な資格具体例■

 

*ITパスポート
*(Microsoft Office Specialist(マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト)旧MOUS(マウス)試験の事です。
*日商簿記検定3級以上
*秘書検定
*基本情報技術者
*初級シスアド
*情報処理関連

 

その他、事務系には次の様な分野があり、それぞれに関連した資格があると就職にはより有利になると言えます。
下記では、一般事務にはどんなものがあるか、または就職に有利な資格がある場合は付け加えておきます。

 

■英文事務 (英検・TOEIC)
一般事務を、英語でやり取りする業務です。
英文でやり取りするのでその語学力を生かして、国際的な職場や外国人と接触するような職場に向いています。

 

■営業事務
事務的な補佐業務を行う為の資格です。外回りの営業社員の顧客データ管理や手配などが主な業務です。
営業職関連での就職の知識としてあれば有利です。

 

■経理事務 (日商簿記2級以上・エクセルのマクロ・情報処理検定等)
事務の中で経理部門を担当する事務です。給与計算などの知識があれば強みとなります。

 

■総務事務(マイクロソフトスペシャリスト・日商簿記2級以上・秘書検定等)

企業や会社の全体把握をして、補助的な業務を行う事務です。
総務は、文書作成から、電話応対・社員の雇用・労災保険等の管理や申請、労務を担います。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ