IT資格は有効

どこの業種もどこの企業も情報技術は無くてはならない時代となりましたが、IT技術のための資格もかなり多くの資格が存在します。

現在ではIT資格と言っても技術者だけが持っていれば良いという時代は終わり、プログラムの技能を証明する資格からプロジェクトマネージャーのように技術者を取りまとめっる人のための資格もあります。

プロジェクトマネージャーにはプログラム言語の知識は必要はありませんが、技術者たちのスケジュール管理からマネジメントの管理も必要になります。

したがって、IT企業でなくてもITに纏わる資格の取得は急務と言えそうです。

技術者として自分を売りたいのなら、ITパスポートや基本情報技術者などの資格が必要ですし、ベンダー資格ではJavaの資格やデータベースの資格もあります。

管理者としてのスキルを磨くのならば例えばITコーディネーターという資格があります。

ITソリューションの提供をするための資格ですが、これは一般の企業がIT業界との交渉事でも役に立つものでありIT業界でなくてもこれからは必要な資格と言えるでしょう。

IT資格は自分が求める業種により、取得する資格は様々となりますが、IT技術はどこの企業も使っているわけで能力としては求められているのが現状です。

資格を持っておくことで転職するにも有利に働くでしょうし、仕事のスキルアップのために有効な資格と言えそうです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年8月5日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:資格全般

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ