介護福祉士

日本では高齢化が進み、介護や福祉にたいする需要が非常に高まっています。資格、専門知識をもった介護のプロの存在は重宝されておりますが、それでも人手は足りていないのが現場の状況です。介護の仕事に就くための資格はいくつか種類があります。

その中で介護福祉士と呼ばれる介護職の中で唯一の国家資格が存在します。実はこの介護福祉士の資格でなくともホームヘルパーという資格があり、これが子育て中の主婦の方などが多く取得しており、介護の現場に出ています。

また、実際には介護の資格がなくとも介護の現場に就くことはできます。逆にいえばそれほど需要があるということでもあります。介護福祉士は介護職でありますから、当然人と人とのコミュニケーションの能力が求められます。また施設などで勤務する場合は同時に複数の人を見ることにもなります。その中のだれかに不測の事態が起こることは十分に予想されます。そんなときの状況判断を落ち着いて行えるかという能力も要求されます。

しかし、これらは当然経験を積まなくては身に付かないことでもありますので、結局は本人の熱意によるところが最も重要と言えそうです。近年の介護福祉士の平均合格率ですが、約50%程度となっています。この資格に関しては独学では合格が困難と見る向きが多く、護福祉士養成施設などに通って合格を目指すのが近道と言えるでしょう。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年8月9日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:人気資格

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ