介護事務

介護事業を運営には介護保険制度が深くかかわっています。介護保険制度にもとづいて利用者の負担額が決められるわけです。

介護事務について

在宅介護や病院・老人施設等のサービス提供機関は利用料の一部を国保連合会に請求するわけですが、この時に介護事務技能者が必要になります。

介護事務の資格にいくつかの種類があるのですが、代表的なものに一般財団法人日本医療教育財団が認定するケアクラーク技能認定試験(ケアクラーク)があります。

ケアクラークは介護事務業務を行う上で必用な「社会福祉制度」や「介護報酬請求事務」に関する知識・技能を評価する制度です。

【勤務先例】

在宅介護サービス|訪問看護|老人保健施設|在宅介護支援サンター|特別養護老人ホーム|病院・診療所

通信講座で学ぶ


通学できる教室を探す

関連リンク

一般財団法人日本医療教育財団
特色や試験概要、試験日程等はこちらで確認が可能です。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年9月3日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:人気資格

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ