雇用保険と失業給付中の生活マニュアル

求人検索

雇用(失業)保険失業給付の受給手続きや、受給期間中の疑問をまとめました。

失業期間中の不安を少しでも減らして、満足できる再就職・転職ができるように休養と求職活動に集中しましょう!

失業給付受給の条件・手続き
失業給付受給中のアルバイト
受給中の求職活動
求職活動に困ったらマニュアルやエージェントをフル活用

リクナビNEXT
求職活動の大本命。転職した人の約8割が利用していると言われています。

失業給付受給の条件・手続き

失業給付の受給資格、期間
●失業状態であること
●離職の日以前2年間に、雇用保険の被保険者期間(賃金支払基礎日数11日以上の月)が通算12カ月以上あること
※「特定受給資格者」や「特定理由離職者」の場合は、離職の日以前1年間に、11日以上の月が通算6カ月以上ある場合も可
●ハローワークに求職の申し込みをしていること

給付日数は被保険者期間と年齢等によってことなります。所定給付日数を確認してください。
受給開始時期は退職理由によって違いますハローワークでの雇用保険の手続き|リクナビNEXTがわかりやすいと思います。

上のの受給資格を満たし、4週間に1度失業状態の確認を行います。認定されるためには実際に求職活動を行っている必要があります。求職活動はハローワーク以外の求人サイトなどから応募したもので構いません。失業認定申告書の記入例のように、求職活動の内容を自己申告する形になります。

転職者の8割が利用:リクナビNEXT
参考:失業認定申告書記入例|ハローワーク

失業給付受給中のアルバイト

受給中でも一定の範囲内であればアルバイトをすることは許容されていまが、必ず申告が必要です。

基準としては下の三つの条件の範囲内とよく言われています。
・失業認定期間に14日間以内
・週に20時間以内
・週に3日以内

ハローワークによって基準が異なることがあるようなので、必ず窓口で基準を確認するようにしましょう。

アルバイト求人サイト

バイトリッチ
採用された方には最大3万円の採用祝い金がもらえる話題のバイト探しサイトです。全国の求人情報満載。

バイトルドットコム
1週間、1ヶ月以内など短期・単発のアルバイトも探しやすいサイトです。

受給中の求職活動

求人情報サイトの利用
民間の転職サイトでは匿名(名前非公開)で履歴書を登録しておくことができて、その履歴書に対して企業の方から声を掛けるという「スカウト」という仕組みがあります。スカウトサービスを使うのは求人に応募するのと同じくらい大切なので“必ず”利用するようにしましょう。

おすすめ!リクナビNEXT
転職サイト@type

非公開求人ならライバルが少ない!
希望する職種、業種がある程度絞れているなら、転職エージェンへの相談がオススメ。
非公開の求人を紹介してもらえるので、比較的ライバルが少ない状況で書類選考や面接を受けることができます。

おすすめ!リクルートエージェント
非公開求人ならDODA

求職活動に困ったらマニュアルやエージェントをフル活用

求人サイトには求人の探し方から円満退職まで
あらゆる転職ノウハウが無料で公開されています。

転職成功ノウハウ|リクナビNEXT
転職完全マニュアル|@type
DODA「転職マニュアル」

もし求職活動がスムーズに進まず、何が悪いのかわからないというなら
他人から指摘してもらうのが手っ取り早い方法です。
エージェントは求人の紹介だけではなくアドバイスも無料で行っているので、
上手く活用するべきです。

おすすめ!リクルートエージェント
非公開求人ならDODA

このページの先頭へ