就職に有利で将来独立する際にも役立つ資格

■就職に有利で将来独立するの際にも役立つ資格とは■
数ある分野の中でも、その道の専門資格を持っていれば企業内で使われているだけでなく、
将来独立して開業することも夢では無いと思います。
しかも、経営していく側と、使われる側とでは収入面でも雲泥の差が出て来ます。

仮に独立を果たせなかったとしても、その道の専門知識をより多く持ち合わせていれば、
企業によっては資格取得手当てのようなものも付いたりする場合もあるのです。

就職に有利な資格を持つと言うことは、それだけで自分に自信も出てきますし、
応用が利く人材だと評価されるので、実際現場ではあまり使わないような資格でも
就職に有利な資格は決して無駄にはならないと思います。

■実際に独立して活躍できる資格とは■
国家資格取得者だからと言って、即戦力に繋がるかというとそうでもない場合も多々あります。
時には国家資格よりも、民間資格の方が重要視されたりする場合もあるのです。
勿論、その逆も当然あります。
しかし、それらをダブルで持ち合わせていた場合は、より就職に有利に働く事は周知の事実です。

そして、企業にはその企業にしか通用しない(他では使えない)資格も沢山存在します。
それらをただ、生かすも殺すも本人の力量次第と言えるでしょう。

独立は、そんな自身の力量が試される世界です。
しかし、それだけに遣り甲斐も出てくると言うものです。

*ファイナンシャルプランナーの資格を取って→独立系FPに
主な収入源(プランを提供する為の相談料、顧問契約の顧問料、専門機関への原稿執筆料、マネーセミナーの講師等)

*行政書士の資格を取って→更に税理士資格も取って企業と独占契約を結ぶ!
(企業の税金問題にも着手することができ、その分野の書類作成でも収入に繋がる)

*ネイリストの資格を取って独立
女性なら、美容関係の資格を取って将来独立なんていう構図も描けますよね。
その中でもネイリストの資格を持っていれば、自宅で開業するのも夢ではありません。
ついでに簿記なども取っておくと経営管理に役立つと思います。

このように資格は、就職に有利になる資格を、併せ技として取得するとトータル面で役立つことが出来たりします。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ