就職に有利な資格取得応援制度

■教育訓練給付制度■
一定の条件はありますが、もし該当するなら資格を取ろうとしている方に支援があるので利用してみるのも手です。
具体的に教育訓練給付制度とは、最終目的に再就職を念頭に置いた資格取得の為のもので、掛かった費用を一部負担
してくれる制度です。取り扱い窓口はハローワークになります。

■支給条件■
*厚生労働大臣指定の講座を受講された方
*雇用保険に加入していた期間が通産3年以上
(雇用保険に加入していた期間が1年以上ならば現在お仕事をされていても対象となります)
*その他一定条件を満たす方
*65才以下の方
こう言った方が受ける事の出来る、雇用保険の給付制度の事です。

厚生労働大臣指定の教育訓練の中に、今後就職や転職に有利で役立ちそうなものがあれば、利用しても良いと思います。

■教育訓練給付制度を使って資格を取るには■

就職に有利な資格取得方法ですが、独学か、通信制度利用か、スクールなど指定の養成機関で学ぶかをまず選択しなければなりません。
又、資格取得の為の試験には図書館などを利用して独学で受けられる受験資格のないものもありますが、こと難易度の高いものなどは
試験を受ける為の試験資格があったりするので注意です。

■通信教育でもok!■
*教育訓練給付制度の指定する通信講座であるなら、通信講座での利用も可能で、就職に有利な資格取得にチャレンジ出来ます。
(注意・通信講座の場合は指定日数の通学もあわせて受講しなければいけない)

■学生でもok■
*教育訓練給付制度の指定している機関なら、養成機関の他にも大学や専門学校などでも利用できます。
一度ご自分の通われている学校が、指定されているかどうか調べてみるのも良いでしょう。

■どんな講座が指定されているのか■
例えば→医療事務、宅地建物取引主任者、ケアマネジャー、社会保険労務士 、保育士 、行政書士、気象予報士、FPなど。

こう言った制度を利用して、就職に有利な資格を身につければ金銭的にも助かりますよね。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ