もっと詳しく知りたいなら、資格学校の資料が役立ちます

資格学校が無料で配布している資料には講座の案内だけではなく、資格学校が独自に取りまとめたデータや就・転職への活用事例、インタビューなど、ホームページよりもはるかに詳しい情報が載っています。

実際に資料請求したFP(ファイナンシャルプランナー)資格を例に一部内容をご紹介します。今回は某大手資格学校5校から資料を請求しました。

仕事に役立つ〇〇|就職・キャリアアップ・独立

sigoto1

どういった業界、職種の中で資格が活きるのかというビジネスモデルや、実際に資格を活かして活躍している方へのインタビュー、別の資格と組み合わせることで仕事にしている事例、そして独立した事例を紹介しています。

資格の活躍フィールド

field

FPの場合は活躍できるフィールドとして保険・年金分野、税務・会計分野、不動産関連分野、そして事業拡大・安定分野に分けてどのような仕事内容があるので、そこでFPの資格がどのような立場にあるのかの説明が図でわかるようになっています。活躍できる業界や職種が一目でわかります。

仕事に!暮らしに!必ず役立つ〇〇資格

sigoto2

資格を仕事に活かすなら、1企業偏と2独立とにわけてそれぞれの活躍できる業界、活躍の場を紹介しています。就職に仕事が活きるとしても、就職後にどのような業務に携わるのか事前に把握しておくとモチベーションも違います。

学ぶ内容・分野の詳しい紹介

naiyou

科目の説明は資格の公式サイトを見ればわかりますが、具体的にイメージできるように易しく、具体的には書かれていないことが多いですよね。今回取り寄せた資料には各科目・分野ごとにどのようなことを学ぶのか実例をあげて詳しく紹介していました。

受験申請者・合格率・合格推移

date

実施された試験の統計情報がグラフで紹介されています。こういったデータはホームページでは公開されていません。合格率の推移によって難易度の傾向がつかめますので、資格取得にチャレンジするかどうかの判断に役立ちます。

今回はFP資格に関する資料でしたが、その他の資格についてもこれと同様に役立つ情報がたくさん掲載されています。

資料を取り寄せるには一括請求できる情報サイトが便利ですが、「資格」関係に関してはグースクールが一番登録件数が多いのでおススメです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ