社会保険労務士

少し前の時代では地味なイメージのあった社会保険労務士ですが、近年では非常に注目されており、資格試験の受験志望者は年々増加傾向にあります。

社会保険労務士について

社会保険労務士の仕事は企業においての労働保険、社会保険の書類を作成したり代行の業務を行ったり、またはコンサルタントを行うこともあります。社会保険や労働に関しての法律は非常に難しく、また特に近年では労働に関しての問題が起こりやすいので、企業としては専門の社会保険労務士を必要としている向きがあります。

そのため、就職や転職活動をしている時にこの資格を持っていると非常に有利に働くことは間違いないでしょう。場合によっては資格手当などを完備している企業も存在します。申請書類の代書をしたりするという意味では行政書士にも似通ってはいますが、社会保険労務士はあくまでも社会保険、労働に関してのプロフェッショナルです。

資格の合格率は8%と言われ、かなりの難関の資格ではありますが、先に述べたとおり取得者は社会においてかなり優遇される資格と言えます。また一般企業の就職活動にも目を引くこの社会保険労務士は、もちろん自分で独立開業することも可能です。就職、転職にも有利、自分の意思と実力次第では独立開業もできるという意味では、将来的に夢のある資格とも言えます。

通信講座で学ぶ


通学できる教室を探す

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年8月9日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:人気資格

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ