退職届(退職願)の書き方、例・テンプレート

円満退社するためには、退職のマナーが欠かせません。退職届の書き方や提出のタイミングを学んでスムーズに次のステップに移行できるようにしましょう。

後半では退職届の他にスムーズに退職を行うためのスケジュール、マナーもご紹介します。

次のお仕事が決まってないなら在職中の転職活動についても考えてみましょう。

退職届と退職願、辞表の違い

よく疑問思われるものに『退職届』と『退職願』の違いがあります。

書面上は退職願と記述するのが現在は一般的ですが、これは「届け」だと一方的な通知であるのに対し、「願い」だと相談を前提としたやわらかさが感じられるからだと考えられます。

特に理由がない場合は「退職願」と記述した方が無難でしょう。ちなみに「辞表」とは会社の取締役などの会社運営に直接関わる立場にある者や公務員が提出する書類とされています。

退職届の書き方

退職届の書き方として紹介されている例やサンプルを見ると手書きのものもあればワープロ・パソコンで作成したものもありますし、縦書き、横書き様々です。

基本的なパターンはいくつかありますが、こうでなくてはいけないという決まりは特にありません。

※会社によっては社内規定で定められている書式がある場合もありますので、自社規定をチェックするのをお忘れなく。

いかに2つのパターンで具体的な記入例を紹介していますので参考にしてみてください。

taisyoku-tate taisyoku-yoko
退職願のポイント|リクナビNEXT 退職届の記入例|@type
・用紙、筆記具の選び方
・封筒
・表題の書き方
・最初の書き出し
・退職理由
・退職日
・届け出年月日
・署名・押印
・あて名
・私議
・退職理由
・退職日
・提出日
・宛名
・便せん、封筒など
・円満退社に向けて

テンプレートは「ビジネス文書テンプレートBOX」からダウンロードできます。
 

退職願の封筒

封筒
封筒は白色無地が基本ですが、市販されているものは郵便番号のマスが印刷されているもの多いのでそれでも構いません。

退職願の用紙と同様に、会社によっては様式や記述内容が決まっている場合もありますので念のために会社側へ確認をとるようにしましょう。

一般的には表面に「退職願」、裏面に「所属部署」と「氏名」を記入します。

便せんの折り方は通常通り文章が内側になるように三つ折で問題ないでしょう。

退職の基本的な流れ

「退職を決意したら即辞表を提出」では社内に迷惑が掛かりますし、自分自身も気まずい雰囲気になり業務に支障が出てしまう可能性もあります。

退職届の他にもやらなければいけない基本的なことを押さえておきましょう。

taisyoku-nagare

各項目の詳細はDODA「転職マニュアル」円満退職のススメで具体的に書かれていますので是非参考にしてみてください。

まずは自分自身の退職意思を再確認し、家族と話し合うことも必要です。

退職意思を伝える順番も間違ってはいけません。退職届けは直属の上司に相談した後、会社の理解が得られたタイミングで提出するのはスムーズな方法です。

又、退職が具体的になった後は業務の引継ぎや手続きを行う必要があります。

DODA「転職マニュアル」』円満退社のススメへ

転職活動は会社を辞める前?辞めた後?

ところで、定年退職などの場合を除いて社会人現役という方は次のお仕事は決まっているでしょうか。

もちろん会社を辞めてから本腰を入れて探すという方も多いと思います。

しかし、著者の個人的意見・体験談から言えば是非退職の前から転職活動を行っていて欲しいと思います。

何故なら転職活動に焦りは禁物だと考えているからです。会社を辞めてしまうとどうしても経済的な面で焦ってしまい、結果的に転職を失敗してしまう可能性があります。

在職中に転職活動を行うのは会社にばれたりしないか心配もあるでしょうし、時間的にゆとりもないと思います。

そんな時には「在職中の転職活動のすゝめ」を参考にしてみてください。

在職中でも匿名(氏名非公開)で登録できる『スカウト』サービスを使えば会社にばれることもなく、レジュメの登録・更新だけで済むので時間もそれほど必要ありません。

もし転職を検討しているなら早くから転職の基本的な流れを押さえておき、スカウトなども積極的に活用していくことをおすすめします。

転職の流れ・マニュアル|以下のサイトは全てスカウト登録が可能です。

※最初のレジュメを書いてしまえば他のサイトにも転記して使えますので、全てのサイトに登録しておけばオファーが届く確立も上がります。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ