宅建

数ある資格の中でも最も有名な資格の一つに「宅建」という資格があります。正式名称は宅地建物取引主任者と呼ばれ、その名の通り宅地、建物、取引主任者の資格のことを意味します。

宅建について

不動産取引を行う企業では5人に1人の宅建取得者が必要であり、とうぜん不動産業の企業の採用はここをまず最初に見る部分となります。したがって、需要も当然多く宅建を持っていると就職には大変有利な資格と言えます。不動産業者でなくてもこの宅建は法的な資格であるが故に、一般企業でも不動産取引などの交渉の場で活躍できることから重宝されます。そうでなくとも宅建を持っているというだけで取引相手の出方が変わるとも言われています。宅建を持つことでその道のプロでなくとも世の中からの必要とされるのは間違いありません。

そんな良いことづくめの宅建ですが、当然合格への道はかなり険しいものでしょう。しかし順を追って勉強していけば確実に身に付く知識が多く、努力次第ではどなたでも取得できる資格とも言えます。また、独学では大変厳しいと見る向きもありますので、スクールに通って取得を目指す方もたくさんいます。法律の資格の登竜門とも言われる宅建ですが、持っていると仕事においてかなりの効力を発揮しますので、取得を考えている方は是非がんばって合格を目指して欲しいです。

通信講座で学ぶ


通学できる教室を探す

関連リンク

財団法人不動産適正取引推進機構

人気資格学校の宅建紹介ページ

宅地建物取引主任者サイトはこちら|LEC東京リーガルマインド

宅建講座【資格の大原】

宅建の非常識合格法|クレアール

宅地建物取引主任者の資格をとってスキルUP。仕事幅も広がる!資格の学校TAC

宅建 ★ヒューマンアカデミー★

宅建【完全攻略】ヒューマンアカデミー通信講座『たのまな』

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年8月9日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:人気資格

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ