総合転職情報

転職を決めたら求人情報から企業へ応募したり、企業からスカウトをもらうなどして次の会社を探さなくてはいけません。

現在では様々な職業紹介、求人情報のサービスがありますのであなたに合った方法で仕事を見つけていきましょう。

転職サイト

転職で最も利用者の多いサービスはリクナビNEXTを初めとする求人(転職)情報サイトです。

全国様々な職種、業種において現在募集中の求人が掲載されており、レジュメ(履歴、経歴)を匿名登録すれば

企業の方からオファーが届く「スカウト」と呼ばれるサービスも充実しています。

このような有名な求人サイトは求職者への露出が多い反面掲載料が高いので、中小企業は地方の企業は

そのエリアに特化した求人サイトや求人情報誌に掲載することが多いようです。

又、いわゆるキャリア転職というような特定の業種・職種においてスキルアップの意味で転職される方が多く利用するのが

転職エージェントと呼ばれるサービスで、転職のコンサルタントに相談して適した求人(非公開含む)を紹介してもらうことができます。

世代別の転職

それぞれの世代別にみても利用する転職サービスが変わってきます。

例えば20代だと「第二新卒」に特化したサイトであったり、30代ならキャリアチェンジも視野に入れると求人情報サイトのスカウトサービスを重点的に活用したり、40代ならこれまでのキャリアを活かす為にエージェントへの相談を重視するといった具合になるかと思います。

業界・職種別の転職

次の仕事の業種・職種がハッキリしているならそれぞれの求人の専門サイトがあります。大手志向であれば転職エージェントが大手の非公開求人を抱えているので相談してみると意外な求人を紹介してもらえるかもしれません。

地域別の転職

現在多くのサイトは全国の求人を取り扱っていますが、どうしても大手が中心で地方の企業や中小企業はエリア毎の求人サイトへ求人情報を載せている傾向があります。

これは求人サービスへ情報を掲載する料金の違いからだと思います。地元で人材を採用することを決めている企業ならわざわざ全国ネットの情報サイトへ高いお金を出して

情報を出すことは少ないでしょう。

女性の転職

女性の求人情報や転職ノウハウの紹介に特化したサイトも存在します。

こういったサイトに積極的に掲載している企業は女性の雇用を重視している企業が多いので福利厚生など待遇面で期待がもてます。

今後このような求人情報は益々増えてくると予想できます。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ