TOEIC

TOEICとは世界共通の英語のテストのことで、Test of English for International Communicationの略です。直訳すると国際コミュニケーション英語能力テストとなります。

就職への影響度

★★★★★(5段階評価中5点)

職種・業種問わず就職への影響力で考えると唯一といっていいほど汎用性のある資格・試験です。英語の能力を超えて、一種ビジネススキルの高さの尺度とさえ捕らえられている傾向があります。

汎用性の高いTOEIC(英語)は、就きたい職種や業種が具体的ではなくても断然おすすめです。

TOEICの就・転職に有利な点

こんな人にオススメ

就・転職を目指すほぼ全ての人に共通して役立つ数少ない資格・試験の一つです。

英語を活かした専門職はもちろん、就職先の「幅」を広げたい人におすすめの資格です。

就・転職のメリット

TOEICの影響は採用面に留まらず昇進、転勤、海外赴任など就職後の展望にも大きく影響を与えます。会社によってはスコアによって手当て、賞与等がつくこともあります。

大手企業の多くがTOEICスコアを昇格の判断基準に採用(係長は〇点以上、主任は〇点以上等)しており、近年では社内の共通語は英語という会社も出てきました。英語重視の傾向はこの先更に加速すると考えられますので、直接英語を使う職務はもちろん、使わない職種・業種でも影響する可能性が非常に高いです。

必用とされる仕事(職種・業種)

機関:一般企業、官公庁、教育機関、その他多数の機関

職種:翻訳・通訳、貿易事務・経理、秘書、その他多数の職種

業種:貿易、IT、製造、その他多数の業種

関連リンク

TOEIC公式サイト
基本情報、試験制度はこちらでご確認できます。

ウィキペディアTOEIC
過去の試験内容や歴史を知ることができます。

TOEICの講座・スクール|近所で通いながら勉強したい方におすすめ

独学よりも講師や生徒と接することでモチベーションも上がりますし、対話によって自分に足りない部分を指摘してもらうこともできます。

TOEICの教材|独学、自分のペースで頑張りたい方にオススメ

TOEIC全般対策

「ヒアリングマラソン」

「ヒアリンクマラソン」はTOEIC対策、英語教材としては最も認知度のある教材の一つです。かなりの多くがヒアリングマラソンで高得点を取っていますし、オススメされる教材の定番でもあります。


リスニング対策

TOEICスコアが150点以上UPする教材「スーパーエルマー」とは?   

単なる聞き流しではなく、「ネイティブ思考法」を習得する徹底強化プログラムです。

リスニング力の向上は、リーディング力に直結します。


英文法対策

ゼロからの英語やり直し教室

じっくり学びたい初心者、英会話にも応用できる知識を身につけたい中級者向けの講座で、「基礎的な知識をみにつけ、基礎知識を使って英文を作れるようになる」ことを目的とした3ヶ月の講座です。

TOEICにチャレンジしよう!

世界120ヶ国で実施されているTOEICですが、主にビジネスシーンでの国際的な活躍を支援する意味合いが強いようです。TOEICが一つの資格として認知される向きもありますが、このテストには合否はなく、常に得点で評価されるところが特徴の一つです。いかにハイスコアをたたき出すかでその人の英語コミュニケーション能力を証明することに繋がります。

さて、では就職や転職という観点からみてどの程度TOEICに効力があるかというと、英語そのものをする仕事、例えば通訳などの仕事であれば必須とも言えるテストではあります。外資系の企業で海外出張が必要な会社であれば、否が応でも英語コミュニケーションの必要なシーンは多発します。したがって、外資系の企業に就職を考えた時はTOEICでの高得点はかなり有効になるでしょう。

あるいは日本の企業であっても、例えば海外進出を考えていたりする企業であれば、英語コミュニケーションができる人材に乏しい可能性はあります。そういった企業ではTOEICでの高得点は手っ取り早い評価の対象になりますので、TOEIC高得点という実績は紛いの無い英語コミュニケーションの証明になります。

いずれにしても、これからのビジネスでは英語が不要ということは無いでしょう。TOEICに挑戦しておくことは将来的にも自分の為になることは間違いないでしょう。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年8月9日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:人気資格

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ